【英会話独学のためのアプリ紹介】単語が「定着する」アプリ=スタディサプリ英単語

独自の4WAYS学習法で単語がみるみる覚えられる「スタディサプリ英単語」とは!

「英単語ってなかなか覚えられない」

 

「英単語学習はつまらないから、なかなか続かない」

 

「難しくなくていいから、英会話に必要な単語を、楽しくサクサク学びたい」

 

こんな悩み・期待に応えてくれるのが「スタディサプリ英単語」

 

目次
1. 4ways学習法で単語の記憶が「定着する」
2. 確認テストで「己と戦う」!
3. 高校入試、大学受験からTOEICまで幅広く対応!
4. Studyplusと連携できる!
 ほかの独学方法もチェック!

4ways学習法で単語の記憶が「定着する」

アプリを起動したらまず、アバター(男or女)とニックネーム、学習目的を設定します。


次に、ゲームのルールが説明されます。

説明が終わると、心の準備の間もなく(笑)、早速ゲームスタート。


画面の通り、英語⇔日本語を訳すだけではなく、以下のパターンの問題が出題されます。

 

  1. 英単語を見て、意味を答える。
  2. 日本語訳を見て、英単語を答える。
  3. 英単語の音声を聞いて、意味を答える。
  4. 英単語のスペルの穴埋めを答える。

 

英単語の意味は分かるけど、スペルが心配になったり、

英語→日本語に訳すことはできても、日本語→英語に訳すのは苦手だったり・・・

そんなこと、結構ありますよね。

でもこれなら、様々なパターンで出題されるので、

自分の実力(実際に英語が必要になったときに英語を使える力)がわかりますし、

記憶に残りやすいんです。

 

さて、10問ほどの問題が終わると、スコアが表示されます。

もし一週間でのベストスコアであれば、その内容も合わせて表示されます。

こうして称えてられると、やっぱりモチベ―ション上がりますよね~!

チャレンジ問題が終わると、メニュー画面へ。

メニューに表示されている通り、読みを中心とした「標準トレーニング」だけでなく、

Listening、SpeakingWritingと選べて、

それぞれのジャンルに特化して問題演習ができます。

 

「標準トレーニング」は、おなじみの英語→日本語に訳す問題です。

10問解き終わると、正答数と回答スピードに応じて経験値がもらえて、

所定の経験値がたまるとレベルアップします!ゲームみたい!!

このほか、ListeningSpeakingWritingも同様に、

10問クリアして経験値をためていきます。

実際にやってみましたが、4つのパターンがあるから、飽きません!!

「標準モード」に飽きたら、「Listening」→「Speaking」→「Writing」と

モードを変えてみたらいいと思います。

確認テストで「己と戦う」!

やはり、「己の敵は己」なんです!笑

仲間と競い合うことも大事ですし、勉強を続ける一つのコツではありますが、

素養の違う他人と比べて、自分が優れているとか劣っているとか考えても

何にもなりません!!

 

過去の自分をどれだけ更新できるか。

それを見える化して、しかも楽しくレベルアップできるようになっています。

 

先ほど紹介した通り、メニューの

「標準モード」「Listening」「Speaking」「Writing」の

問題を解くことで、どんどんレベルアップしていきます。

私も、2つくらいのステージをクリアしただけでレベルが上がり、

楽しくなって次の2つのステージもサクサクとクリアして

一瞬でレベル3になりました(笑)

 

育った背景にもよるかと思いますが、

私の場合はゲーム世代でもあり、

いろんなRPG(ロールプレイゲーム)をしてきました。

そのため、

敵を倒す→経験値を獲得する→レベルアップ

→より強い敵を倒す→さらに経験値獲得→もっとレベルアップ・・・

の連鎖は、感覚的に慣れているし、馴染みがあるんですよね。

 

でも、よく考えれば、英会話もそうですし、他の学習もみな同じです。

問題を解くor課題をやる→知識やスキルを得る→レベルアップする

→より難しい問題を解けるようになる→さらに知識やスキルが上がる・・・・

という流れ。

 

このアプリでは

自分のアバター(男女しか選べませんが!)を設定できて

好きな名前も付けられます。自分のオリジナル感がありますね!

 

そのキャラクターが問題を解くことでレベルアップしていくのは

まさに、自分の英語や英会話のレベルがアップしていくのと連動しています。

つまり、

アバターのレベルをどんどん上げることが

あなたの英語・英会話のレベルがどんどん上がるということです!

 

これが、楽しく「続けられる」仕組みなのですね!

高校入試、大学受験からTOEICまで幅広く対応!

「大人だからTOEIC」?いえ、そんなことはありません!!

日常的な英会話をするには、中学で学ぶ英語で十分対応可能といわれています。

実際、海外ドラマや洋画を見ても、わからない単語はちょくちょくあっても、

ネイティブスピーカーが使用しているのは、中学レベルの英単語ですよね。

 

もちろん、仕事の都合などでTOEICの点数が求められている場合には

はじめから「TOEIC」コースのほうがよいかもしれません。

ただ、基礎がなくて応用は身に付きませんので、

もし「中学レベルの英語から学びなおしてみよう」とか

「難しい単語を知る必要はないけど、英会話をできるようになりたい」などと

思うようでしたら、やはり「高校入試」コースがおすすめです。

 

ちなみに、レベル感はこちら。

まだ最初のステージなのでとっても簡単ですよね。

 

が、あなどることなかれ!

簡単だからといっても、それを使いこなせれば、

日常英会話に十分な英単語力が身につけられます。

 

一度、高校入試レベルをサクッと全面クリアしてみてはいかがでしょうか。

解ける問題が多い分、モチベーションを維持しつつ、

英会話に必要な英語力UPが図れます!

Studyplusと連携できる!

こっそり表示されましたが、この機能、地味にすごいと思いました!

(上で色々書きましたが、これが一番感動したかもしれません!笑)

 

Studyplus」というアプリで勉強時間・内容を

管理されている方もいらっしゃるかと思いますが

(私もその一人です)

教材を選んで自分で勉強時間・内容を入力しないといけないので、

正直、面倒だなーって思っていました。

でも他にやりようもないので、せっせと手入力してしたのですが、

アプリ同士で連携できちゃうなんて、めちゃくちゃラクじゃないですか!!

 

別アプリになりますが「Studyplus」をお使いの方はぜひ

この連携機能を試してみてください!

 

ちなみに、このアプリでもそうじゃなくても、

アプリ等の教材で、課題をクリアしてそのアプリ内で独学記録をつけるだけでなく、

日常生活の中でどれだけ何に時間を割いているのかを把握するのも

独学を続けるコツです!

例えば、「今日は30分しかできなかった」としても

その日のスケジュールからみて「残業だったから仕方ないな!」と思えると

「早く帰れる日には1時間独学しよう」って思えますよね。

 

または、「なんだか、何もしていない時間が多いなぁ。テレビかなぁ」

なんて思っている時間があれば、

「有効活用して、30分は独学に充てよう」と思えるかもしれません。

 

ぜひ、独学も含めて、ご自身の時間の使い方を

この機に見直してみることをおすすめします!

ほかの独学方法もチェック!

いかがでしたでしょうか?

 

実はこれ、エイコミュで以前紹介した「スタディサプリEnglish」の姉妹アプリです。

 

「スタディサプリ英単語」のほうが、ゲーム性が増していて面白い!というのが率直な感想です。

ぜひスタディサプリENGLISHの記事も見てみてください!

 

エイコミュでは他にも70種以上の英会話の独学方法を紹介しています。

 

詳細は下のボタンからご確認ください。


【英会話独学のためのアプリ紹介】「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」とは

英語力アップを実感でき、継続しやすい「POLYGLOTS」の魅力とは!

みなさん、こんにちは。

「『勉強』のためだと、なかなか英語の文章を読み進められない」

「コツコツ継続するのが大事っていうけど、成果が見えないとやる気が続かない」

「楽しいだけじゃなくて、TOEICやTOEFL対策もしたい」
そんなこと、あなたに今回ご紹介したいのが、「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」です。
楽しみながら、独学した量と質が日々記録されるから、
成果が見えて続けられるアプリです!
「95万人が使うシェアNo.1」の理由を探ってみました!

 

目次
1. 好きなジャンルのニュースを、所要時間・難易度により選べる!
2. 読んだ単語数、時間、スピード(WPM)、を日別で記録!
3. 好きなアーティスト・曲(洋楽)で楽しく学べる!(iOSのみ)
4. TOEICやTOEFLに対応した単語学習!
 ほかの独学方法もチェック!

好きなジャンルのニュースを、所要時間・難易度により選べる!


選べるジャンルは、以下の合計22種類に及びます。

ニュース、ビジネス、スタートアップ、マーケティング、テクノロジー、スポーツ、エクストリーム、エンタメ、トラベル、音楽・映画、デザイン、インテリア、グルメ、ペット・動物、写真、英語学習、ライフスタイル、小ネタ、運勢・占い、ゴシップ・セレブ、医学・医療。

 

いくつでも選べますし、あとで変更することができますので、気軽に選択してOKです。

例えば、ニュース、ビジネス、スタートアップを選択すると、トップ画面でこのように表示されます。

See moreをタップすると、記事一覧が出てきます。

面白いのは、読解の予想時間や難易度がわかること!

ざっと見てみると、予想時間は1分前後~8分くらいまで。

3~5分程度のものが多いようです。

 

1分なら集中して英語を読めるけど、

あまり長いと疲れちゃう・ちょっと億劫!

そんなときってありますよね。

 

POLYGLOTSなら、自分の好きなジャンル厳選で、

しかも1分くらいならささっと読めてしまうので、

「英語を読まなきゃ!」というハードルが

格段に下がるように感じます!

 

また、ただ記事を読むだけではなくて、

読むペースを調整できるのもすごいところ!

 

WPMって聞いたことありますか?

Words Per Minutes」の略で、

1分間当たりの読解語数のことです。

 

POLYGLOTSでは、記事を読む際に

・自分のペースで読む

・ペースメーカーで読む(=指定のWPMに合わせたスピードで画面がスクロールされる)

の2つを、記事を読む際に選択できます。


実際にどのくらいのスピードが、そのWPMになるのか

わかるのでとても便利です!

 

(個人的には、スクロールされていく感じが

アクションゲームで焦らされる感じと似ていて

とても面白いと思いました!笑)

読んだ単語数、時間、スピード(WPM)、を日別で記録!

読んだ単語数、時間、スピード(WPM)、を日別で記録!

 

好きな記事を読んだら、読んだ単語数、読んだ時間、スピード(WPM)が日別に自動記録されます。

折れ線グラフで表示されるので、独学量の推移が一目瞭然。

グラフはタップすると、直近1週間と累積で切り替えができます。

 

時間は記録をとれても、読んだ単語量やWPMまで記録するのは、

テキストを読んで行う学習では、なかなかできませんよね。

 

しかも、ただ独学の時間を記録するだけでは、

正直、スキルが上がっているかどうかよくわからないものです。

ここで記録されているWPMとは1分間に読んだ単語量、

つまり、読解の実力を表す一つの指標でもあるので、

この数値で自分の実力を測ることもできます。

 

「なんとなく速く読めるようになったかも」という感覚値ではなく

WPM100から150に上がった!」と数値で把握できると

自分の成長が目に見えるので、とてもやる気が上がりますよね!

 

しかも、POLYGLOTS内のユーザーランキングも出るので

直近1か月の独学実績を基に毎日更新されるので、

上位を狙うことも可能!

※ランキングに自分の情報を表示させたくなければ、

表示しないように設定することもできます。

 

このように、独学が自動で記録され、

グラフなどで見やすく表示され、

WPMにより自分の実力を図りつつ、

それを他の人とも競争できるというのが、

「継続されるアプリ」に選ばれる理由の一つのようです。

好きなアーティスト・曲(洋楽)で楽しく学べる!(iOSのみ)

iOSユーザーのみになりますが、

好きな記事(リーディング)だけでなく、

好きな洋楽(リスニング)で学べるというのも面白い!

 

自分がiTunesで最近再生した洋楽がこのように表示されます。

曲を選ぶと、歌が流れて歌詞が表示されます。

それだけでなく、歌のスピードに合わせて画面がスクロール!

もちろん、該当する歌詞がハイライトされます。まるでカラオケ!!笑

自分が普段聞いている曲で、

こんな風に歌詞がスクロールして表示されるなら、

電車やカフェなどでちょっと聞くときに

このアプリで歌詞を見ながら歌いたくなります。

 

しかも、記事と違って口語の英語なので、

英会話としての言い回しも分かりますよね。

リーディングばかりではないので、飽きない!

 

しかし

自分の好きな曲が歌えるって、

思っていたより楽しい!!笑

TOEICやTOEFLに対応した単語学習も可能!

「好きな記事や音楽で独学できるっていいけれど、

試験に対応しているのかな?」と疑問に思ったかもしれませんが

大丈夫!

 

有料コンテンツにはなりますが、試験に対応した単語の独学も

できるようになっています。

TOEICのPart7全問を解き終えるのに必要なWPMを基に

目安時間が表示され、問題文が表示されます。

問題文が画像の場合は、タップすると拡大表示もできます。

 

「解答終了」の下のバーにあるアイコンをクリックすると

質問と選択肢が表示されます。

解答が終わると、解答にかかった時間とWPMが表示され、

目安時間と比較してどうだったかが一目でわかります。

「テスト中に出たこの単語は知っていますか?」と

重要単語も確認できます。

問題文って、なんとなく読んだ気になって

意味を推測して読めてしまうところもあるので

こうしてリマインドしてくれるとありがたいですね!

ほかの独学方法もチェック!

いかがでしたでしょうか?

エイコミュでは他にも70種以上の英会話の独学方法を紹介しています。

詳細は下のボタンからご確認ください。


【英会話独学のためのアプリ紹介】NHKが提供する「NHKゴガク 語学講座」とは

NHKの放送をもとに語学を学習できる「NHKゴガク」

「英語だけでなく、他の言語も学びたい」

「英語は勉強したいんだけど、飽きっぽい」

「まずはリスニングから勉強したい」

 

 

そんな方に今回ご紹介するのがNHKゴガクです。

NHKゴガクはNHKが提供する語学学習アプリで、NHKの放送をもとに学習できます。

 

実際にアプリを使ってみて「無料でここまで勉強できてすごい!」と感じました。

英会話を独学で学ぶ方にとって無料で使えるアプリはとても重宝しますよね。

そんなアプリについてご紹介します。

 

目次
1-1. 幅広い分野から単語を学習できる「単語マスター」
1-2. 基本のクイズを学習した後は、応用のクイズやテストも実施していきましょう!
2. ラジオストリーミングでNHKの放送を楽しみながら学習できるのがポイント
3. 単語帳としても利用できる!
4. 発声練習もできるのが嬉しい
5. 多言語を独学で学びたい方(特に中国語を独学で学びたい方)にオススメ!
 YouTube「無料で英語を勉強する方法」アプリ紹介:NHKゴガク
 ほかの独学方法もチェック!


NHKゴガクを起動させるとメニュー画面から受講したいサービスを選択できます。

  • 単語マスター(英語のみ)
  • ラジオストリーミング(英語、中国語、ハングル、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語)
  • 声調確認(中国語のみ)
  • 発音練習(英語のみ)

自分が学習しない言語のサービスについては「表示設定」からチェックを外すとメニュー画面がとてもスッキリします。

幅広い分野から単語を学習できる「単語マスター」


まずは単語マスターの「ボキャブライダー」から始めてみましょう。

ボキャブライダーでできることは単語クイズとその単語テストです。

 

NHKの放送をもとに単語クイズが構成されています。

毎日、何かのテーマをもとにクイズが作られており、基本編と応用編の二部構成です。

 

こちらのクイズはNHKの放送をもとにクイズが作られていますが、放送を聞いていなかったとしても特に問題ありません。

それぞれのテーマで単語の学習を進めていきましょう。


基本のクイズを学習した後は、応用のクイズやテストも実施していきましょう!


基本編のクイズが終わった後は応用編のクイズにも挑戦してみましょう。

応用編では会話文の中から適切な単語を選びます。

基本編は単語そのもののスペルや意味をクイズにしており、応用編では会話文の中からクイズが構成されているため、クイズとして出題されている単語のフレーズも一緒に学習することができます。

基本編より難易度は高くなりますが、そこまで難しいクイズではありません。

 

英会話を独学で学習される方は「いかに自分で英語が話せるか」を課題にあげている方が多いと思います。

この単語マスターでは語彙力アップだけでなく、自分自身でもフレーズを話せるようにトレーニングしてみましょう。

ラジオストリーミングでNHKの放送を楽しみながら学習できるのがポイント


NHKの放送を聴きながら学習できるのがポイント!

実際に放送を聴いてみて、リスナーさんとのやり取りがあったり、冗談があったりと学校のような授業とは異なり楽しく学習できます。

過去1週間の放送はアプリで何回も聴けるため、バリエーション豊富です。

しかし、1週間分しか聴くことができないので、できるだけ早めに学習を進めていきましょう。

 

また、聴いている際にテキストが必要だ!という方はテキストを購入できます。

一番最初のテーマである「基礎英語0」のテキストは756円です。

 

もし、音声だけでなく、テキストもあった方が学習が捗る方は用意してみましょう。

単語帳としても利用できる!

 

NHKゴガクのいいところは単語帳としても利用できること。

2018年10月1日時点で公開されている単語数は1356ですが、今後どんどん増えていくことでしょう。

頭文字でしか単語を検索できないのがちょっと使いづらいですが、英単語がどの放送のどのクイズで出題されていたのかも分かるのが復習にもなり使いやすいです。

 

英単語やボキャブラリーの定着は何回も復習することがとても重要で、繰り返し復習することで自然と英語が話せるようになります。

独学で英会話を学習される方はアウトプットする機会が少ないという方がいらっしゃいますので、ぜひ実際に何度も発声して定着させましょう。


発声練習もできるのが嬉しい


 

NHKゴガクのいいところはアプリ内で発声のトレーニングができること。

また、ただ発声するだけでなくその発音が通じるかどうかを判定してくれるのもありがたい機能です。

 

独学で英語を学習している方によくあるのが、学習したものが実は間違っているのに、それに気付けないという事があります。

先日、友人と会話している際、友人が

I have a ヘッドエイチィ!

と話していたのですが、ヘッドエイチィって何か分からずそれってどういう意味か尋ねると・・・

I have a headache!

ー頭痛がする

 

と言いたかったようです(笑)

 

スペルだけ見ると確かにヘッドエイチィと発音できなくはないですが、実際は大きく違います。

そのような恥ずかしい体験をしないためにも、まずは独学の段階からどんどん発音をしていきましょう。

何回も繰り返していくとどんな発音が相手に通じるのかコツが掴めてくるはずです。

また、英語の学習が進んでくると、他人と英語を話してみたくなったり、今の英語力がどれくらい通用するのか試してみたくなります。

そんな時にはぜひエイコミュのカフェ会にご参加ください。

 

エイコミュは英会話を独学で学ぶみなさんをサポートするコミュニティです。

毎週火曜日の19:30〜土曜日11:00〜は実際にメンバーが集まりそれぞれの学習を讃えあったり、その成果を発揮する場を提供しています。



多言語を独学で学びたい方(特に中国語を独学で学びたい方)にオススメ!

NHKゴガクは英語だけでなく、他の言語も無料で学べるのがとても嬉しいです。

中国語、ハングル、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語の学習ができます。

多言語を独学で学ぼうとするといくつかのアプリをダウンロードしないといけなかったり、お金も2倍、3倍とかかってきたりしますが、それがNHKゴガクを利用すると全て無料で幅広い言語の学習ができます。

ただし、中国語以外はラジオストリーミングのみのサービスです。


中国語はラジオストリーミング以外に声調確認のサービスが利用できます。

英語以外に中国語も独学で学習する方には特にオススメです。

 

 

NHKゴガクを利用してみた感想は以下の通りです。

  • 英会話の初心者向け
  • NHKの放送をもとに学習できて楽しい
  • 発声練習も可能(発音の判定機能付き)
  • 単語帳としても使える
  • 多言語を学ぶ方にはとてもオススメ

 

NHKゴガクはNHKの放送をもとに楽しく英語のみならず幅広い言語を学習できます。

独学で英語以外の語学(特に中国語)を学んでいる方、英会話の初心者の方にとてもオススメのアプリです。

 

ぜひ、ご自身の語学学習にお役立てください。

YouTube「無料で英語を勉強する方法」アプリ紹介:NHKゴガク


ほかの独学方法もチェック!


いかがでしたでしょうか?

エイコミュでは他にも70種以上の英会話の独学方法を紹介しています。

詳細は下のボタンからご確認ください。


【英会話独学のためのアプリ紹介】250万ダウンロードを誇る「えいぽんたん」とは

5周年を迎え「続く英語学習アプリ」と銘打つ、「えいぽんたん」の魅力に迫る!

えいぽんたんは、iPhoneandroidのどちらでも使える、英語学習アプリです。

累計で250万ダウンロード、教育カテゴリ無料ランキングで1位を獲得しています。

 

「デザインがかわいくないと正直やる気が出ない」

「がっつり学ぶのではなく、空き時間にさくっと学びたい」

「仲間と一緒に学びたい」

 

そんなあなたにぴったりな「えいぽんたん」をご紹介します!

目次
1. たのしくてかわいい要素が随所にあり、飽きない仕組み!
2. 空き時間にできるけど、内容は本格的!
3. SNS機能で仲間と切磋琢磨できる!
4. 復習チャレンジで、文字通り「チャレンジ!」
 ほかの独学方法もチェック!

たのしくてかわいい要素が随所にあり、飽きない仕組み!

普通のゲームアプリのように、ユーザーを飽きさせない要素がたくさんあります!

例えば、

 

・そもそもデザイン(見た目)がゆるキャラでかわいい

とある学校の先生として赴任したという設定で、生徒(ゆるキャラ)を育てていくことになります。

アプリを立ち上げるとこんな感じです。


早速、英語力チェックに移ります。

問題は15問。英語の意味を答えて、正答数と回答スピードに応じて結果が出ます。

英語のレベルが出たら、生徒選びです。決まった3人のうち1人を選びます。

このゆるい感じ!特に中高生や女性などにかわいがられそうですね。

 

・日々のログインボーナスがある

1日1個アイテムがもらえます!ログインボーナスをもらうためだけにログインして、

「ついでに」ちょっと英語も勉強する、なんて状況にもなりそうです。

ちなみにここで得たアイテムは、トップページに飾る等できます。

・ゆるキャラ(生徒)を、おかしで育てる。

学習を進めると、1つクリアするごとにおかしを一つもらえます。

それを与えると、もぐもぐと食べて、なぜか成長します!笑

・トップページを、学習の過程で獲得したアイテムで飾れる。

左図はアプリ起動直後。

右図は、学習を進めて、キャラが育ち、椅子も置いたもの。

わずかながら、キャラが大きくなっていますね!笑

椅子も1個しか置かないと殺風景ですが、キャラが増えて置くアイテムが増えると

右端図のようににぎやかになるようです!

このほか、

 

  • 手に入れるゆるキャラには、入手困難なレアキャラがいる
  • 期間限定イベントなどを頻繁に開催している

 

など、たのしい仕組みがいっぱい。

 

ストイックに英語独学に専念したいというユーザーにとっては、

こうした遊びの要素はもしかしたらうるさく感じられるかもしれませんが

遊びながら学習もできる「たのしめるゲーム」です!

(私は、昔流行した「たまごっち」を連想して懐かしく思いました!笑)

空き時間にできるけど、内容は本格的!

ゲームは、1問で終わるステージから、10問ほどあるステージまで、さまざま。

短いと1分くらいでできてしまうので、例えば、

 

  • 自宅でお湯を沸かしている時間
  • カップラーメンができるのを待つ3分間
  • 電車の乗り換え時間
  • レジの行列に並んでいる時間
  • ダウンロードの待ち時間

 

こうした時間に、サクサクと学習を進めることができます。

 

こんなに簡単にできるかわいいアプリなので

内容(レベル)はどんなものかと

心配になるかもしれませんが、実はとても本格的。

 

語学出版社アルクの単語学習書「キクタン」シリーズ(以下)から

350点〜990点レベルのTOEIC頻出単語を出題しているそうです。

 

・「聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC® Test Score 600

一杉武史編著/出版社アルク(cALC PRESS INC.

・「聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC® Test Score 800

一杉武史編著/出版社アルク(cALC PRESS INC.

・「聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC® Test Score 990

一杉武史編著/出版社アルク(cALC PRESS INC.

・「標準語彙水準 SVL12000」(©ALC PRESS INC.

 

語学出版社アルクといえば、通信講座や書籍、セミナーから、

子供向け英会話、ビジネス英会話、通訳、など

幅広く対応しているので、多くの人がご存知かと思います。

中でも「キクタン」シリーズは、受験勉強やTOEIC勉強で

お世話になった人もいるのではないでしょうか。

 

その英単語が収録されているので、

見た目はゆるキャラでも、内容はゆるくありませんね!笑

SNS機能で仲間と切磋琢磨できる!

ユーザー同士で励ましあったり、コミュニケーションをとったりすることができます。

そのため、1人で学習するよりも継続して楽しく学習をすることができます。

 

コミュニティは、「雑談・相談」から、「えいぽんたん」アプリについて、「英語の質問」など。

自分の気になることを投稿してもよいですし、

誰かの投稿を読んでコメントを返すこともできます。

ここの「英語の質問」は、「そういう見方もあるんだ!」と新たな発見ができたり

「そうそう、自分もわからないと思ってたんだ」と共感できたりするので、

興味半分で流し読みするだけでも結構たのしめます。


また、友だちを探すこともできます。

「新着ユーザー」=自分と同じスタートラインの人もたくさんいますし

社会人、学生とステータス別の募集掲示板もありますので、

どんな人がいるのかぜひ見てみるとよいですね。

そうはいっても、自分から友達を探しにいくのはちょっと・・・

という人も大丈夫です。

学習を続けているうちに、他の人から友達申請が来ますので

申請が来たら「友だちになる」をクリックすれば

少しずつ、友だちの輪を広げていくこともできます!


復習チャレンジで、文字通り「チャレンジ!」

復習チャレンジという機能があります。

最高レベルまで到達した後には、この復習チャレンジを攻略していきます。

 

復習チャレンジは、各英語力レベル(41段階)で、

正答数に応じてアイテムをもらえます。

10問、30問、50問でもらえるアイテムが異なり、

100問連続正解をするとトロフィーがもらえます。


ただ、1問も間違えず100問連続正解するのは、結構大変。

文字通り「復習チャレンジ」として取り組むだけあり、

トロフィーをゲットできるレベルになれれば、英語力アップにも効果大です。


ほかの独学方法もチェック!


いかがでしたでしょうか?

エイコミュでは他にも70種以上の英会話の独学方法を紹介しています。

詳細は下のボタンからご確認ください。


英語でなんと言う?「知らないけどね」

I don’t know though.

 

文の後に”though”をつけると、「~けど」となります。
「ただの勘だけどね」→”it’s just a hunch though.”

“but”は対比を表現します。
「でも大変」→ “But it’s hard.”

“though"は情報を補足するイメージですね。
「大変だけど」→”It’s hard though.”

英語でなんと言う?「泣きたい気分だよ」

I feel like crying.

 

”want to”よりも程度を抑えて、「~したい気分」というのは、”feel like”で表現できます。

「甘いものを食べたい気分」→”I feel like eating sweets.”
「なんでもできそうな気がする」→”I feel like I can do anything.”

名詞でも大丈夫です。
「ビールの気分だ」→”I feel like beer.”

英語でなんと言う?「あいつって、ダサいね」

He’s such a lame.

 

直訳とまではいきませんが、日本人が使う「ダサい」に一番近い英語が”lame”でしょう。「時代遅れの」や「つまらない」というニュアンスがあり、ファッション、発言、行動などに使うことができます。

「ダサい」は侮辱に使われる言葉なので注意が必要ですが、アメリカなどでは友人どうしでよく使われるので、日本で使われる印象よりは厳しくないと思います。

“That’s tacky.”も定番の言い方になります。
「時代遅れ」という意味だと、”out of style”なんかも使います。
覚えにくい場合は、”uncool”でいいと思います。

英語でなんと言う?「好きすぎてヤバイ」

I love you so badly.

 

日本語の「ヤバイ」は本来悪い意味ですが、若い人を中心に良い意味で使うこともありますよね。英語にもあるんです。

”badly”は本来「悪い」という意味ですが、強調する意味で良い意味に使うことがあります。
「ヤバイくらいほしい」→”I want it badly.”
「あいつ、ヤバイね。」→”He is so bad.”