英語でなんと言う?「オーダーメイド」

made to order

 

オーダーメイドは、 ”made to order”と言います。これは名詞ですが、ハイフンでつないで”made-to-order”と書くと形容詞になります。”custom made”とも言うようです。

反対語である既製品は “ready made”となります。

英語でなんと言う?「コンセント」

Outlet

 

“Outlet”と聞くとアウトレットモールを思い出しますが、コンセントのことを”Outlet”といいます。”Socket”ともいいます。Power point”ということもあります。

“Consent”という英語もあるのですが、「承諾、承認、同意」という意味です。ネイティブには、コンセントのことを”Consent”と言っても、全く通じません。

ちなみに、電化製品から伸びている挿すほうは”Plug”です。プラグを入れるのは”Plug in”、プラグを抜くのは”Unplug”です。

英語でなんと言う?「パーカー」

Hoodie

 

パーカーは和製英語なので、ネイティブに通じません。

ロシアの北部に住む先住民が、トナカイの皮で作った頭を覆う衣服を「Parka(パルカ)」と言い、「パーカー」の語源となっているらしいです。

英語でなんと言う?「チャック」

Zipper

 

チャックと聞くと英語っぽいですが、英語ではないんですね。チャックの最大手、YKKのホームページによるとチャックとは、「巾着」からもじって名付けれれたようです。

ちなみに、ファスナー”Fastener”は締め具や留め具全般のことを指すようで、”Fastener”のひとつが”Zipper”のようです。

英語でなんと言う?「ノートパソコン」

Laptop

 

ノートパソコンはネイティブには通じません。NotePCとも言わないですね。

「折りたたみができる」という意味で、Laptopと言います。

“Lap”とは、座った時に物がおける足の付け根から膝までの上の部分を指し、その上に置くという意味で”Laptop”ですね。

「デスクトップ」は、机の上に置くから”Desktop”です。

英語でなんと言う?「くしゃみが止まらない」

I can’t stop sneezing.

 

くしゃみは”sneeze”といいます。

海外ではくしゃみをすると、誰かが”Bless you”と言ってくれます。これは、”God bless you.”の略ですが、「神のご加護がありますように」という意味ですね。

くしゃみをすると、くしゃみとともに魂で出てしまうと信じられてた由来かららしいですが、習慣になっているので深いは意味はない挨拶になっています。

“Bless you”と言ってもらったら、”Thank you.”とお返ししましょう。

 

英語でなんと言う?「花粉症なんです」

I have hay fever.

 

花粉症は”hay fever”と言います。単純にアレルギーとして”allegy”と言う場合も多いです。

アレルギーを英語で伝える場合は、下記のように伝えましょう。

I’m allergic to ~.
I have an allergy to ~.
I have an ~ allergy.
※~の部分に、アレルギーの種類が入ります

英語でなんと言う?「ネバネバ」

Sticky

 

ネバネバする、ベトベトするという意味の形容詞です。海外のお米はパラパラしていることが多いので、日本のお米は”Sticky Rice”と言われることがありますね。

ほかに食感に関する英語表現を確認しておきましょう。

「とろける」→”Malty”
「パリパリ、サクサク」→”Crispy”
「バリバリ、ボリボリ」→”Crunchy”
「ふわふわ」→”Fluffy”
「もちもち」→”Chewy”

英語でなんと言う?「こってり」

Rich.

 

日本語の「こってり」をどう訳すか難しいですが、「味が濃くて豊富」という意味でしたら、”Rich”がしっくりくると思います。

他に、味についての表現を確認しましょう。

「しょっぱい」→”Salty”
「苦い」→”Bitter”
「辛い」→”Hot”
「脂っこい」→”Fatty”
「さっぱり」→”Refreshing”

英語でなんと言う?「薄味だね」

It tastes bland.

 

「薄味」という意味の、「淡白な味」「味気ない」は”taste bland”と表現できます。

他にも、”It has little taste” “It doesn’t have much taste.”などがあります。

逆に「味が濃い」というときは、”It tastes strong.”と言うことができます。

英語でなんと言う?「うまっ!」

Yummy!

 

美味しいものを食べたとき、思わず「うまっ!」と言っちゃうことありますよね。

“Yummy!”は、もともとは子供が使うスラングですが、大人でも使います。

もっと短く”Yum”とも言いますし、2回続けて”Yum-yum”とも言います。

 

他にもこのような表現があります。

Tastes good!
Delicious!
It’s scrumptious! (ほっぺたが落ちそうなほどうまい)

英語でなんと言う?「明日、出かけない?」

Why don’t we go out tomorrow?

 

“Why don’t we”は、直訳すると「なぜ私たちは~しないの?」となるので違和感があるかもしれませんが、フランクに誘うときによく使われます。

ほかに”Do you want to go out tomorrow?”と表現でき、これも「あなたは出かけたい?」と上から目線のように聞こえますが、「一緒に出かけない?」といったフランクな表現だと理解してください。

他にもこのような表現があります。

How about going out tomorrow?
What about going out tomorrow?
Would you like to go out tomorrow?