26万人以上の人が独学でディクトレを使っているのは3つの理由があった

【英会話独学のためのアプリ紹介】ディクテーションアプリ「ディクトレ」とは

無料で400パターン以上のディクテーションができる!

「英語は話せるようになりたいけど、ぶっちゃけお金は掛けたくない」

「仕事や家庭のことでなかなか学習する時間を確保することができない」

「でも、カッコよく英語を話したい!」

 

そんな方に今回ご紹介するのは「ディクトレ」です。

エイコミュのメンバーもよく使っており、多くの方は通勤・通学の電車の中で利用しています。

ディクトレは26万人以上の人が利用した*ディクテーションを用いた英語リスニング学習をすることができる無料のアプリです。

この記事では、そんな26万人以上の方が独学に活用しているディクトレを紹介します。

 

*ディクテーションとは

「英会話の音声を聞き、文字に起こす」英語学習方法です。

特に相手の英語がなかなか聞き取れない方にこそオススメ。

何回もくり返し英会話を聞くことで、自然と英会話の意味を理解することができるようになります。

目次
1. 短い英会話が300問以上リスニングできる!
2. 短い英会話のリスニングはAさんとBさんの対話形式
3. 1問ずつ詳しい解説付きが付いているため独学でも安心
4. 「ディクトレ」は最初から最後まで無料で使える独学に必須のアプリ
 YouTube「無料で英語を勉強する方法」アプリ紹介:ディクトレ
 ほかの独学方法もチェック!

短い英会話が300問以上リスニングできる!


英会話の独学でディクトレを活用!

アプリを立ち上げた際の最初の画面では、すでに300問を超える問題の一覧が表示されます

幅広いジャンルの会話が全て無料でリスニングできるのはディクトレのすごいところ!

独学で英会話を学んでいる方とって、無料で学習できるアプリはとても強い味方ですね!


英会話の独学でディクトレを活用!

そして、このアプリのいいところはTOEICのリスニング対策も無料でできてしまうこと。

アプリを立ち上げ、問題一覧の画面から下の方にスクロールすると・・・

なんとそこには「TOEIC形式のリスニング問題」が!

TOEICスコアを向上させるためにはリスニング力の向上は必須の条件です。

 

最近では、昇進や採用にもTOEICスコアを必要要件に含んでいる企業が増えてきています。

もし、転職や部署の異動を希望されている方には将来の希望を叶えるためにも「ディクトレ」を活用できそうです。


英会話の独学でディクトレを活用!

問題画面に移り、英会話を聞き「完了」をタップすると「完了数」が表示されます。

自分が学習をしたかどうかが一目で分かるため、独学でもどこまで学習したか一目瞭然です。

また、何回も何回も復習をしていくと、自分が苦手な会話を把握することもできるため、できるだけ問題を進めていく際には「完了」ボタンを有効的に使っていきましょう。


短い英会話のリスニングはAさんとBさんの対話形式


英会話の独学でディクトレを活用!

「短い英会話」はAさんとBさんの対話形式で英会話を聞き取ります。

 

例えば、問1では「元お医者さんとの英会話」というテーマの会話です。

ディクトレは音声の「1回再生」と「ループ再生」を選択できることができますが、まずは「1回再生」で英会話を聞くとれるよう挑戦してみましょう。

※1回の再生は3秒程度です。


英会話の独学でディクトレを活用!

実際に聞き取った英会話は再生ボタンの下にある入力フォームに入力します。

もし1回で聞き取れなかった場合は「ループ再生」を使い、聞き取れた単語を入力していきましょう。


英会話の独学でディクトレを活用!

実際に入力をしたあとは、「▼タップして確認」をタップして答え合わせしてみましょう。

ここでの使い方として、答えを見て自分の回答が正解だったかの確認をするのはもちろんですが、答えを見ながらも音声を再生することもオススメです。

自分が聞き取れなかった単語や、英語独特の「*リンキング」や「*リダクション」を理解するためにもとても役に立ちます。


*リンキングとは

発音上で単語と単語がつながり、音が連結することです。

リンキングは2つの単語が1つの単語として発音されます。

<子音+子音>

双方の単語をつなぐ音が子音同士の単語は連結することが多い。

<子音+母音>
双方の単語をつなぐ音が子音+母音でも、連結する場合があります。

 

*リダクションとは

リダクションとは本来発音する音が発音されない現象を指します。

発音されない音はアクセントがない音です。

語尾の 「t」「d」「g」「k」「p」は発音しないことが多いです。

 

たとえば、先日ディズニー映画「アナと雪の女王」で流行となった「レリゴー」もまさにリンキングとリダクション。

実際は「Let it go(レット イット ゴー)」ですがLetの「t」とitの「i」がリンキングして「レット イット」を「レリ」と発音します。

さらにitの「t」はリダクションで発音しないため、日本中で話題となった「レリゴー」と発音します。


1問ずつ詳しい解説付きが付いているため独学でも安心


英会話の独学でディクトレを活用!

問題画面の下部では日本語訳や解説を確認することができます。

「▼タップして確認」をタップすると

  • 正解の英文
  • 日本語訳
  • 重要単語・熟語
  • 解説

を確認することができます。


英会話の独学でディクトレを活用!

特に解説はとても丁寧です。

「え、無料でここまで解説してくれていいの?」と思ってしまうくらいのボリュームがあります。

こちらの解説はあくまで例文の解説ですので、解説された単語や熟語を日頃の英会話にもぜひ取り入れていきましょう。

単語や熟語の発音は音声を再生すると聞くことができますので、何回も何回も聞いて覚えていきます。

英会話の発音をマスターするためにはモノマネがとても大事です。

フレーズを聞いたあとは、恥ずかしがらずに実際に発音して口に出してみましょう


「ディクトレ」は最初から最後まで無料で使える独学に必須のアプリ

実際にディクトレを使ってみて思ったことは「こんなにコンテンツが揃っているのに無料でいいの?(笑)」です。

26万人以上の方が「ディクトレ」を利用する気持ちが分かりました(笑)

 

実際に無料400パターン以上の英会話を聞けるアプリはなかなかありませんし、解説もとても丁寧です。

400以上の英会話のパターンがあれば全ての問題を解き終わる頃にはリスニングの力もレベルアップしているはずです。

また、TOEIC対策としても無料でリスニングができるのはとても嬉しいですね。

 

1回の再生が3秒程度の音声ですので、早い人ですとAさんBさんの音声を聞いて文字を入力するまで1分もかからないのではないでしょうか。

1問を解くのに1分もかからなければ、混雑している朝の通学・通勤電車の中や、お昼休み、TVのCMの合間にもできてしまいますね。

 

「ディクトレ」はこんな方にオススメです

  • 独学で英会話をマスターしたい方
  • 無料で英語を学習したい方
  • あまり英語の学習時間を確保できない方

 

ディクトレは「短い英会話」と「TOEIC対策」と合わせて450問(※2018年8月28日現在)ありますので、ぜひ活用してみてください。

YouTube「無料で英語を勉強する方法」アプリ紹介:ディクトレ

※実際にアプリの音声を聞いてみましょう!


ほかの独学方法もチェック!


いかがでしたでしょうか?

エイコミュでは他にも70種以上の英会話の独学方法を紹介しています。

詳細は下のボタンからご確認ください。