英語でなんと言う?「くしゃみが止まらない」

I can’t stop sneezing.

 

くしゃみは”sneeze”といいます。

海外ではくしゃみをすると、誰かが”Bless you”と言ってくれます。これは、”God bless you.”の略ですが、「神のご加護がありますように」という意味ですね。

くしゃみをすると、くしゃみとともに魂で出てしまうと信じられてた由来かららしいですが、習慣になっているので深いは意味はない挨拶になっています。

“Bless you”と言ってもらったら、”Thank you.”とお返ししましょう。

 

英語でなんと言う?「花粉症なんです」

I have hay fever.

 

花粉症は”hay fever”と言います。単純にアレルギーとして”allegy”と言う場合も多いです。

アレルギーを英語で伝える場合は、下記のように伝えましょう。

I’m allergic to ~.
I have an allergy to ~.
I have an ~ allergy.
※~の部分に、アレルギーの種類が入ります

英語でなんと言う?「ネバネバ」

Sticky

 

ネバネバする、ベトベトするという意味の形容詞です。海外のお米はパラパラしていることが多いので、日本のお米は”Sticky Rice”と言われることがありますね。

ほかに食感に関する英語表現を確認しておきましょう。

「とろける」→”Malty”
「パリパリ、サクサク」→”Crispy”
「バリバリ、ボリボリ」→”Crunchy”
「ふわふわ」→”Fluffy”
「もちもち」→”Chewy”

英語でなんと言う?「こってり」

Rich.

 

日本語の「こってり」をどう訳すか難しいですが、「味が濃くて豊富」という意味でしたら、”Rich”がしっくりくると思います。

他に、味についての表現を確認しましょう。

「しょっぱい」→”Salty”
「苦い」→”Bitter”
「辛い」→”Hot”
「脂っこい」→”Fatty”
「さっぱり」→”Refreshing”

英語でなんと言う?「薄味だね」

It tastes bland.

 

「薄味」という意味の、「淡白な味」「味気ない」は”taste bland”と表現できます。

他にも、”It has little taste” “It doesn’t have much taste.”などがあります。

逆に「味が濃い」というときは、”It tastes strong.”と言うことができます。

英語でなんと言う?「うまっ!」

Yummy!

 

美味しいものを食べたとき、思わず「うまっ!」と言っちゃうことありますよね。

“Yummy!”は、もともとは子供が使うスラングですが、大人でも使います。

もっと短く”Yum”とも言いますし、2回続けて”Yum-yum”とも言います。

 

他にもこのような表現があります。

Tastes good!
Delicious!
It’s scrumptious! (ほっぺたが落ちそうなほどうまい)

英語でなんと言う?「明日、出かけない?」

Why don’t we go out tomorrow?

 

“Why don’t we”は、直訳すると「なぜ私たちは~しないの?」となるので違和感があるかもしれませんが、フランクに誘うときによく使われます。

ほかに”Do you want to go out tomorrow?”と表現でき、これも「あなたは出かけたい?」と上から目線のように聞こえますが、「一緒に出かけない?」といったフランクな表現だと理解してください。

他にもこのような表現があります。

How about going out tomorrow?
What about going out tomorrow?
Would you like to go out tomorrow?

英語でなんと言う?「まずっ!」

It’s nasty!

 

料理を作ってくれた人もいるでしょうから、使うには気を使わないといけないでしょうが、”nasty”は美味しくないときの形容詞です。

「まずっ!」といった表現になるでしょう。

 

ほかにもこのような表現があります。

It’s awful.
Tastes bad.
It’s not my taste.
I don’t like it.

英語でなんと言う?「絶対に違う」

Absolutely not.

 

「絶対に違う」と英語の会話で表現するのは上記がいいでしょう。

 

否定する表現はいくつかあるので、チェックしておきましょう。

「そうでもない」→”Not really.”
「全然違う」→”Not at all.”
「もちろん違う」→”Of course not.”
「そんなわけない」→”Far from it.”
「ない!」→”No way!”

英語でなんと言う?「完全に同意」

 I completely agree with you.

 

「同意」は“agree”ですね。「完全に同意」となると上記でいいでしょう。

 

ほかに同意を表す言葉は、下記があります。

「それはありえるね」→”That’s possible.”
「当然だね」→”It had better.”
「言いたいことわかるよ」→”I know what you mean.”

英語でなんと言う?「水でいいです」

Water will do.

 

“do”は、「~で十分、~で間に合う」という意味があります。

“Which do you want, A or B?”と聞かれて、”Either will do”「どっちでもいいよ。」と答えることができます。

“fine”を使って、“I’m fine with water.”とか、”Water is fine for me.”でもいいですね。

英語でなんと言う?「(雰囲気が)可愛いね」

You’re cute.

 

「可愛い」の表現をチェックしてみましょう。

Cute → 子供や子犬などに加え、物に対しても「可愛らしい」の意味で使われます
Pretty → 主に外見に対して使う表現です
Sweet → 「甘い」という意味ですが、内面も含めた可愛らしさを表しています
Lovely → 可愛いのほかに、全体的に「素敵な」「素晴らしい」などの意味もあります
Charming → 「魅力的」という意味ですが、「感じのいい」というニュアンスもあります

最近は、日本語の”kawaii”も、通じますよね^ ^