英語でなんと言う?「それは私の欲しいものとは、ちょっと違います」

英語でなんと言う?「それは私の欲しいものとは、ちょっと違います」

It’s not exactly what I want.

なにかを否定するときストレートに言っちゃうと感じが悪いときありますよね。

否定をする場合には “not” と一緒に “very” や“really” “exactly” “quite”などを使うと、柔らかい印象を与えることができます。

“It’s not a good idea.” よりも “It’s not a very good idea.”
“That’s not right.” よりも “That’s not quite right.”
“It’s not what I want.” よりも “It’s not exactly what I want.”
の方が、相手に与える印象は柔らかくなると思います。

こういったニュアンスが使えたら、コミュニケーションがスムーズになりますね。