英語でなんと言う?「絶対に違う」

英語でなんと言う?「絶対に違う」

Absolutely not.

 

「絶対に違う」と英語の会話で表現するのは上記がいいでしょう。

 

否定する表現はいくつかあるので、チェックしておきましょう。

「そうでもない」→”Not really.”
「全然違う」→”Not at all.”
「もちろん違う」→”Of course not.”
「そんなわけない」→”Far from it.”
「ない!」→”No way!”