英語でなんと言う?「マンツーマン」

One-on-one

 

1対1で、という意味で使われる「マンツーマン」ですが、”Man to man”とは言わず、”One-on-one”といいます。

「顔を合わせて」という意味だと”Face to face”といいます。

“Man to man”という英語はあるのですが、「腹を割って」とか「率直に」という意味になります。

また、バスケットボールなどのスポーツで、「一人に対して一人の選手をあてる」という意味のマンツーマンは”Man to man”というみたいですね。また英会話レッスンなどの「マンツーマンレッスン」は通常”Private lesson”といいます。

 

英語でなんと言う?「ジェットコースター」

Roller coaster

 

遊園地にある「ジェットコースター」ですが、絶対英語だろ~、と思いますよね?でも、実は和製英語なので、ネイティブには通じません。”Roller coaster”といいます。

Rollerとはキャスター・車輪のことですね。Coasterとはそりのこと。車輪付きのそりということで、そのように覚えたら覚えやすいですね。

英語でなんと言う?「クレーム」

Complaint

 

お客様からの不平不満や苦情を「クレーム」と言いますが、英語では”Complaint”と言います。

”Claim”という英語もあるのですが、「要求する」「主張する」という意味であって、特に「苦情」に限定した主張ではありません。

「クレーム」は”Complaint”と、覚えておいてください。

英語でなんと言う?「アンケート」

Questionnaire

 

アンケートも、英語だと勘違いしやすい言葉ですが、もとはフランス語が語源のようですね。英語圏の人には通じません。

単純なアンケートは”Questionnaire”と言います。

もっと、「調査」という意味合いが強くなると、”Survey”とも言います。

英語でなんと言う?「カンニング」

Cheating (on a test)

 

テストなどで不正行為する「カンニング」ですが、英語だと”Cheating”と言います。

“Cunning”という英語はあって、「悪知恵」とか「狡猾」といった意味はありますが、テストに対する不正行為には使いません。

“Cheat”は「騙す」「不正をする」「いんちきなことをする」という動詞で、テストに対する不正行為、日本語でいう「カンニング」はこちらにあたります。

英語でなんと言う?「オープンカー」

Convertible

 

車の屋根がない「オープンカー」は、 “Convertible”と言います。

車は、和製英語のオンパレードです。

「ハンドル」「アクセル」「サイドブレーキ」「フロントガラス」「ウィンカー」「バックミラー」「クラクション」

これら、全てまったく英語とは異なる言葉です。

車に乗る人はぜひ覚えておきましょう。ネットなどで調べてみてください。

英語でなんと言う?「マジックテープ」

Velcro

 

服などについている粘着性ではないのに、しっかりくっついてベリベリ剥がすアレ、「マジックテープ」ってありますよね?あれは英語でなんというのでしょうか。

これは知ってないと絶対でてきません。”Velcro”というんですね。「マジックテープ」は商品名です。

でも、”Velcro”も商品名だそうです。その言葉が商品名であるかどうかは関係なく、現地の方がどう通称で呼んでいるかが大事ですね。使う機会もありそうですから、覚えておきましょう。

英語でなんと言う?「フリーター」

Part-time worker

 

「フリーター」とは、主にアルバイトで生計を立てる人を指しますが、英語だと”Part-time worker”となります。

日本語では、若者が「アルバイト」、少し年上が「パート」と呼ばれることが多いですが、正確な違いはありません。英語では、”Part-time work”となります。

英語でなんと言う?「サラリーマン」

Office worker

 

「サラリー(Salary)」は給与という意味ですが、「サラリーマン」は通じません。今では、日本の外来語(逆輸入語?)として、意味がわかる外国人も増えてきたそうです。

とはいえ、会社員は普通”Office worker”や”Businessman”,”Businessperson”と言うでしょう。

 

英語でなんと言う?「(署名の)サイン」

Signature

 

“sign”は名詞だと看板となるので、「署名」という意味の名詞は何でしょうか。”Signature”となります。

通常は、契約書などの書類に書く署名や、クレジットカードに書く署名に使われます。

“Autograph”は有名人にしか使いませんが、”Signature”は単に「署名」という意味なので、一般人でも有名人でも使います。

英語でなんと言う?「(有名人の)サイン」

Autograph

 

有名人にサインを求めることありますよね?その場合は、Autographと言います。有名人にのみ使う言葉で、一般人の署名には使わない言葉です。

名詞にもなりますが、「サインする」という動詞でも使えます。

「サイン」は英語だと”Sign”ですが、名詞だと通常「看板」となります。”I have  George Clooney sign.”というと、「ジョージクルーニーの看板を持っている」と思われるでしょう。

しかし、動詞だと「名前を書く」という意味なので、サインを求めるときは使って大丈夫です。”Could you sign here?”など。